血ガス

血ガス検査について記事一覧

血ガス検査での「be」「lac」の正常値・標準値についてとその意味について解説していきます。血ガスとは血液ガス分析検査の略です。動脈の血液中に溶けているガスを検査するため別名「動脈血液ガス分析検査」とも呼ばれています。血液ガスとはその名の通り血液から発生するガスのことです。肺の中で血液は酸素を受け取って炭酸ガスを吐き出します。その仕組のことを血液ガス交換と言います。この検査は心不全や呼吸不全などの...

ここでは乳酸値を下げる方法についてお伝えいます。血液の血ガス検査でlac(ラクテート)やbeが正常値から外れていた。乳酸値が低いと診断された時は血のめぐりが悪いのが原因です。血のめぐりはどうして悪くなるのか?人間を含んだ多くの生物は身体の中で酸素がたくさんあればクエン酸回路を使ってエネルギーを作り出します。でも、何らかの原因で酸素が不足すると変わりに解糖系を使ってエネルギーを作るのでラクテート(l...

血ガスの読み方やその意味などについて詳しく解説していきます。血ガス(血液ガス)とは、動脈の血液中に含まれる酸素と炭酸ガスのことです。これらの濃度を測定することを動脈血液ガス分析といい肺疾患をはじめとする様々な病気やショック状態での呼吸の様子を知ったり治療の効果を判定するためにおこなわれます。動脈血液ガス分析と水素イオン指数pHや重炭酸塩の濃度もいっしょに測ることで血液の酸性と塩基性のバランスも調べ...

血ガス検査というと、重篤な状態や、重度の呼吸器疾患または手術前後など、精密検査が必要な場合に行われる検査です。採血から測定まで速やかに行わないと正確な結果が得られない検査方法から医師と看護師、臨床検査技師など複数の担当者が協力し速やかに行う必要があります。なので、設備の整っていない開業医ではあまり行われることはなく、総合病院で行われることが多い検査です。血ガスの取り方について血ガス検査の取り方は動...