血小板

血小板について記事一覧

血液検査での血小板の基準値やその意味するところについて詳しく解説していきますね。血小板は血液中に含まれる成分であり万が一、切り傷や擦り傷などで出血した場合に活動します。損傷した部分に集まり、傷口の蓋として固まり皮膚の修復を手助けがあるのです。ホントに身体は良く出来たシステムの集まりです。しかし、これらの成分は体内に決まった量が存在するため不足すると止血が難しくなります。具体的には、軽い傷でもなかな...

ここでは血小板が少ないことによって引き起こされる症状についてとそもそも血小板が少なくなってしまう原因などについて解説していきます。血小板とは骨髄で作られる物質で、全体の3分の2が血液中を巡っていて残りの3分の1が脾臓にあります。大きさは非常に小さくて1個が1000分の3ミリ程度で円盤のような形をしています。小学校の教科書を思い出しますね(^^)血液100万分の1リットルの中におよそ20〜35万個存...

ここでは血小板の減少の原因とストレスとの関係について詳しくみていきます。血小板は血液中に存在していて体内の破壊された部分を修復するという仕事をしています。すり傷などの時に自然と血が止まるのは血小板が傷口を修復するためです。外側から見える部分だけでなく、身体内部の損傷にも血小板が活躍してくれているのですが、その数が減少してしまうことがあります。抗がん剤を服用している場合には副作用として数値の減少が見...

血小板が少ない場合、どういった食事で治療していくかについて解説していきます。体の中には血小板の存在はとても大きく大切な役割を果たしているから絶対に無くしてはいけないです。しかし時折少ない量になってしまう場合もあるからその時には食事による治療方法を試すべきです。何故なら食べ物を体内に入れる事で体力を回復しながらも上手く血小板を増やす事も出来るからです。だから病院などの検査で絶対的に血小板の数が少ない...

ここでは血小板を増加させるいい食べ物について紹介していきます^^血小板の正常値と病気の原因血小板は血液の成分の一つで骨から造られ、出血した時に凝固して出血を止める働きがあります。多少の個人差はありますが正常値は大体13万〜40万くらいです。血液検査をすると必ずこの血小板の数値が示されるので自分の体の状態を知る目安になります。数値が10万以下と低い場合は機能が低下して出血が止まりにくくなっています。...

ここでは血小板の減少の原因と薬剤について解説していきます。血小板とは、出血した時に止める役割があり骨髄で作られています。とても大切な働きをし減少すると止血できなくなりとても危険です。血小板が減少する原因として作る能力が低下している場合(骨髄機能の低下も考えられ検査が必要)とどんどん使われてしま生産が追い付かない(日常生活のストレス)場合です。ストレスにより活性酸素が増えてそれが、自分の身体を傷つけ...

ここでは血小板が増加するために必要な食べ物と減少してしまう原因について解説していきます。血小板の値は血液検査によって把握することができます。血小板の働きは、出血した場合に血栓を形成し血液が血管外に出ないようにする止血作用と血小板内のセロトニンによって血管を収縮させ出血量を少なくして血圧を維持しようとする作用があります。正常値は16.3〜42.8万/μlであり10万/μl以下の場合には減少していると...

ここでは血小板の減少の原因と肝臓との関係について詳しく解説していきます。ご飯を食べたとします。そのご飯はお腹の消化管で消化されます。ご飯が消化されると栄養素となります。栄養素は主に小腸で体内に吸収されます。吸収された栄養素は門脈という血管の血流を介して肝臓に届きます。そして栄養素は肝臓で代謝されます。この門脈の圧を門脈圧といいます。肝臓に血小板減少の原因があるときにこの門脈圧が高くなると、脾臓内に...

血小板が多いと貧血になってしまいやすいです。血小板とは、血液中の有形成分の1つで、核を持たず形も不定形です。必ず保健体育や理科の教科書に出てくるのでイメージはできるでしょう。止血を止める働きを有し、通常は血液中に存在するか脾臓に蓄えられています。出血が止まらないときや慢性出血が疑われるときなどに検査が行われます。検査は、血液を採取して機械にかけて測定されます。基準値は15.5から36.5の間とされ...

ここでは血小板減少の原因とガンの関係について解説しています。癌の治療で使用される抗がん剤は、様々な副作用が生じることで知られています。中でも血液に与える影響は特に問題視されている課題です。抗がん剤を使用すると多くの場合骨髄にダメージが生じます。骨髄は日々血液を作っている部分であるため薬の作用によってダメージを受けると血小板減少などの症状が現れてくるのが常です。血小板が減少した場合には、体のあらゆる...

ここでは血小板増加症の原因について解説しています。血小板増加症とは?血液検査を受けると様々な検査項目で血液からどんな状態にあるのかが分かり、病気の診断に役立ちます。また、患者は血液検査の結果から生活習慣を見直すことで改善を目指せるようになることも期待できます。血液中にある血小板が血液検査で正常値を著しく超えている場合には、血小板増加症です。そもそも血小板は、血管が破れるとその部分に集まって固まるこ...

ここでは血小板が多い原因と症状について解説します。どういった対策を取るのかが重要ですね。血液検査をすると血小板の項目はよく目にしますが血小板の数が多い場合、どのような病気を想像するでしょうか。そもそも血小板とはどういったものなのかをお話します。その働きは簡単に言えば、血管に傷ができた時に血液を固まりやすくさせることです。もし減ってしまえば、こけたときのような軽い傷でも大量に出血してしまうような症状...

ここでは女性が血小板を正常値に保つことの大切さ心がけなどについて解説します。血小板とは、出血を止める為にある物です。少な過ぎても多過ぎても病気の可能性があるので注意した方が良いです。数値としては、13万〜34万9000個が正常値になります。正常値より高いと血を止める能力が高く低いと血がとまりにくいのです。血を止める能力が高いと言う事は血管の中に血栓と言う塊が出来やすくなってしまうので血管が詰まりや...

血小板が減少する原因として挙げられるのが1つが紫斑病です。この病気に罹患すると血液検査で血小板の異常を指摘されます。血小板は止血の役割を担っている成分であるため、紫斑病の場合には出血しやすい状態になるのが問題です。治療は薬で行なわれることが多く、症状が悪化すると時に手術も適用になります。様々な病気によって血小板の減少を指摘された場合には、食事を工夫することも一つの改善方法です。出血傾向を治すために...