血中酸素濃度

血中酸素濃度について記事一覧

血中酸素濃度の基準値について解説していきます。血液検査で異常が出てしまった場合のその意味や対策についてです。血中酸素濃度(SpO2)は血液中に酸素がどれだけあるかの指標です。血中酸素濃度の数値はパーセントで表され、基準値は健康な人であれば95から99%と90%台後半が目安です。これは医療分野にといてはメジャーな指標であり入院している際には血圧や体温と共に毎日確認の対象となるものです。ただ、聞いたこ...

ここでは、血中酸素濃度が低い原因と症状についてお伝えしていきます。血中酸素濃度とはその名の通りに、血液の中の酸素の濃さの事を言います。人間の体が正常に機能するためには、必ず酸素の存在が必要となっています。呼吸によって鼻や口から取り入れられた酸素が肺に運ばれて体内を巡る血液内に取り込まれて全身の細胞へと運ばれていくのです。血中酸素濃度は日常的に測って確認している必要は基本的にはないのですが一定の条件...

血中酸素濃度と肺炎の関係について詳しく解説していきます。急性肺炎などは老人に多い病気ですが風邪などが原因で簡単に感染症をひき起こします。バロメータになるのが血中酸素濃度ですが血液検査などしなくても簡単に測定できます。血中酸素濃度を測る方法は、パルスオキシメーターと呼ばれる小さな機械で指先に挟むだけです。指先にどの程度酸素が来ているか数字で表示されます。原理は、肺から運ばれた酸素は血液中のヘモクロビ...

ここでは血中酸素濃度を上げる方法について詳しく解説していきます。鼻・口から吸い込んだ酸素が血液中のヘモグロビンと結合し全身に運ばれることによって人間の生命は保たれています。でも、血液中の酸素量が一定レベルを下回ると立ちくらみ・めまい・卒倒などの症状が起き、最悪の場合は生命の危険すらありえます。血中酸素濃度を上げる方法として、有酸素運動を行うことが効果的です。水泳・ウォーキング・自転車・ランニングな...

血中酸素濃度は、血液の中にどれくらいの量の酸素があるかどうかを示します。血中酸素濃度は、パルスオキシメーターと呼ばれる医療機器で指先にクリップを挟むだけで、血液を採取することなく簡易的に測定することができます。健常であれば95%以上を示しますが、急激に低下することがあり一般的には90%を切ると何らかの原因で呼吸不全を起こしていると考えられます。このばあいは大変危険な状態といえます。原因としては肺の...

ここでは血中酸素濃度の低下とその症状について解説しています。血中酸素濃度は、血液中の酸素量のことでヘモグロビンと結合し全身に運ばれることで生命は維持されています。血中酸素濃度の正常値と低下時に表れる症状とは?血中酸素濃度の正常値は94〜97パーセントの間とされていて、100パーセントが理想とされています。1〜2パーセント下がるだけでも体にかかる負担が大きくなります。また、100パーセントを超えてし...