血液検査

血液検査について記事一覧

ここでは血液検査における「lymph」「inr」「fib」 といった聞き慣れない値について意味や正常値について解説します。血液検査の数値で見られるlymphは、リンパ球を指します。リンパ球は血液中の白血球に分類されるものでlymphは免疫状態をチェックする上で一つの参考とされる指標です。詳細な血液検査では、通常白血球に分類されるの免疫細胞のバランスを調べます。なのでlymphの割合が異常に大きかっ...

ここでは血液検査において「pct」「eosino」という日常では聞き慣れない指標について解説していきます。血液検査のうち白血球の検査には白血球の数をカウントする検査と種類を調べる検査があります。血液の塗沫標本での顕微鏡を用いた観察で白血球は好中球・リンパ球・単球・好酸球と好塩基球の5種類に区別されます。好酸球は細胞質内に酸性の色素で染まる顆粒を持ち中には炎症などで生物活性を示す物質が含まれています...

ここでは血液検査で「wbc」という値が高い場合、どういった症状意味があるのかについてお伝えしていきます。腹痛を起こすことは、毎日の生活を送るのなかでは頻繁に起こる現象の一つです。例えば、下痢や便秘をして腹痛を伴うことは、珍しいことではありません。このような日常的に起こる腹痛はその大半が血液検査を行っても、異常は検出されないのです。ところが、時として血液検査のwbcが高いことがあります。まずwbcと...

ここでは血液検査におけるwbc値が低い原因と対処方についてお伝えします。血液検査におけるwbcとは、白血球のことを指します。wbc検査が行われる目的として、造血機能の働きの確認、細菌や異物が体内に侵入しているのかどうかなどがあげられます。wbcの血液検査は、血液を採取し自動計数機にて判定されます。白血球数の基準値は、一般的に3500マイクロリットルから9800マイクロリットルの間とされています。基...