血小板 正常値 女性

女性は特に血小板を正常値に保つ事が必要

スポンサーリンク

ここでは女性が血小板を正常値に保つことの大切さ
心がけなどについて解説します。

 

血小板とは、出血を止める為にある物です。
少な過ぎても多過ぎても
病気の可能性があるので注意した方が良いです。

 

数値としては、13万〜34万9000個が正常値になります。

 

正常値より高いと血を止める能力が高く
低いと血がとまりにくいのです。

 

血を止める能力が高いと言う事は
血管の中に血栓と言う塊が出来やすくなってしまうので
血管が詰まりやすく、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まります。

 

血管の中に血栓が出来ると
脳や心臓の血管が詰まってしまうと、かなり危険な状態になってしまいます。

 

多すぎると問題というのがやっかいなところですね。

 

女性は生理もあるので、余計に注意した方が良いです。


スポンサーリンク


逆に血小板の数が正常値より低いと
肝硬変や骨髄の病気だったりします。

 

それに、何かあった時に血がとまりにくいので、貧血症にもなりやすいのです。
ですから、女性は注意が必要です。
血が止まらないというのは、考えたくもない恐ろしい状況ですしね。

 

対策としては、病気を治療する事が一番なので
血小板の数をコントロールするよりは、病気を治してしまいましょう。

 

もし正常値から離れた数値が出てしまっても
慌てないで原因を調べてもらう事が大切です。

 

血小板の数が正常値ではない事で、他の病気を発見出来るので
早めに受診して病気の早期発見するのが大事です。

 

血小板は余り知らない人が多いので、気にかける様にしましょう。


スポンサーリンク