血小板 減少 原因 薬剤

血小板減少の原因と薬剤について

スポンサーリンク

ここでは血小板の減少の原因と薬剤について解説していきます。

 

血小板とは、出血した時に止める役割があり骨髄で作られています。
とても大切な働きをし減少すると止血できなくなりとても危険です。

 

血小板が減少する原因として
作る能力が低下している場合(骨髄機能の低下も考えられ検査が必要)と
どんどん使われてしま生産が追い付かない(日常生活のストレス)場合です。

 

ストレスにより活性酸素が増えてそれが、自分の身体を傷つけてしまうんですね。
それを治すために血小板がどんどん使われて貧血になってしまうわけです。

 

出血が止まらないと、怪我・打って内出血・鼻血・生理の出血が止まらなかったり
血尿や血便も出血ですしの内出血などの重い症状がおこることも考えられます。

 

出血が止まりにくい・あざが良くできるなどの症状が頻繁におこる時には
原因を調べる必要があります。

 

ひどい場合は薬剤で補うことも必要になります。


スポンサーリンク


もし何らかの薬剤を飲んでいる場合は、かかりつけの医師や薬剤師に相談することが必要です。
体の中に何らかの病気があるのか
薬が原因で起こっているなどを判断してもらい見極める必要があるからです。

 

血液検査をしてもらうと、数値で病気が見つかることもありますし
血小板数を調べてもらうと数値で減少している・増加しているなどの診断もできます。

 

病気もなく血小板が不足してしている場合は健康を維持するために
水分を十分に補給し(ミネラルや塩分が含まれている物)
フルーツやニンジンやセロリなどの
ビタミンがたくさん入った野菜などをとると良いでしょう。

 

思い当たる症状がある場合にはまず病院へ行って診察を受けることをおすすめします。


スポンサーリンク