血小板 増加 原因 食べ物

血小板の減少する原因と増加に効果的な食べ物とは

スポンサーリンク

ここでは血小板が増加するために必要な食べ物
減少してしまう原因について解説していきます。

 

血小板の値は血液検査によって把握することができます。

 

血小板の働きは、出血した場合に血栓を形成し血液が
血管外に出ないようにする止血作用と
血小板内のセロトニンによって血管を収縮させ
出血量を少なくして血圧を維持しようとする作用があります。

 

正常値は16.3〜42.8万/μlであり
10万/μl以下の場合には減少していると考えられます。

 

その原因として考えられるのは
骨髄での生産低下(癌の骨転移、再生不良性貧血、急性白血病など)
破壊亢進(血小板減少性紫斑病、膠原病、脾臓腫大など)
消費性凝血障害(敗血症、不適合輸液など)です。

 

過度に低下しえいる場合にはもちろん医師により原因究明の検査をし治療が必要となりますが
正常値より少し低い場合にはすぐに病気だと考えるのではなく
生活習慣を見直し、増加させるように心がけていくことで増加させることも可能であるといわれています。


スポンサーリンク


今回は生活習慣の一つとして、食べ物について述べていきたいと思います。

 

直接的に血小板を増加させる食べ物というのは残念ながらないと言われていますが
免疫機能を向上させることで血小板の減少を抑えることができるとも言われています。

 

 

栄養素としてはポリフェノール、ビタミンP(ルチン)、アントシアニンです。
具体的な食べ物はピーナッツの赤い薄皮、いちご、すもも
プルーン、ぶどう、トマト、ナス、さつま芋、大豆、黒豆、黒ごま、そば、赤ワインなどがあります。

 

これらをビタミンCを含んだ食品と同時に摂取するとより効果が期待できるといわれています。

 

ぜひ積極的に摂取していきたいですね。

 

体の異常には何らかの原因があります。
まずは生活から見直し、改善していきましょう。


スポンサーリンク