血ガス 読み方

血ガスの読み方について

スポンサーリンク

血ガスの読み方やその意味などについて詳しく解説していきます。

 

血ガス(血液ガス)とは、動脈の血液中に含まれる
酸素と炭酸ガスのことです。

 

これらの濃度を測定することを動脈血液ガス分析といい
肺疾患をはじめとする様々な病気やショック状態での
呼吸の様子を知ったり治療の効果を判定するためにおこなわれます。

 

動脈血液ガス分析と水素イオン指数pHや重炭酸塩の濃度もいっしょに測ることで
血液の酸性と塩基性のバランスも調べられます。

 

動脈血液ガス分析では、手首などの動脈から動脈血を採取します。

 

末梢血液中の酸素濃度を測定するパルス酸素濃度計という器具もあります。

 

重い病状での動脈血液ガス分析は、結果を短時間で判定する必要があります。


スポンサーリンク


血ガスの読み方の一つは、酸素と炭酸ガスの濃度を測定して呼吸機能の状態を知ることです。

 

酸素濃度の低下は、重症の肺炎や気道が狭くなる喘息や
慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患・神経疾患や人工呼吸装置の不適切な設定などでみられます。

 

この状態では炭酸ガスの濃度は高くなります。

 

逆に炭酸ガスの濃度が低い値を示す状態としては
極度の不安状態・パニック障害や脳神経疾患などによっておこる過呼吸症候群があります。

 

炭酸ガスが少ないのも問題なのは以外な感じですよね(^^)

 

もう一つの血ガスの読み方は血液の酸性と塩基性の平衡がとれているかを知ることで
腎臓の働きや薬物中毒・糖尿病などの代謝性の病気の状態を判定できます。


スポンサーリンク