血中酸素濃度 基準値

血中酸素濃度の基準値について

スポンサーリンク

血中酸素濃度の基準値について解説していきます。
血液検査で異常が出てしまった場合のその意味や対策についてです。

 

血中酸素濃度(SpO2)は血液中に酸素がどれだけあるかの指標です。

 

血中酸素濃度の数値はパーセントで表され、基準値は健康な人であれば95から99%と90%台後半が目安です。

 

これは医療分野にといてはメジャーな指標であり
入院している際には血圧や体温と共に毎日確認の対象となるものです。

 

ただ、聞いたことがない人にとっては結構多いんだなと思われるかもしれませんね。

 

この数値が下がっていると、体内に酸素を取り込むまでの過程に異常が発生しているという事であり
心機能や肺機能、もしくは血行障害、気道の詰まりなど
生命の危機となる障害が発生している事が考えられ、早急な対応と処置が必要となります。


スポンサーリンク


血中酸素濃度の基準値は90%台の後半ですが
必ずしもこの基準値を外れたから異常であり早急な処置が必要という訳ではありません。

 

通常は80%台以下となると自覚症状として息切れや胸苦感が出現します。

 

特に運動をしている場面で顕著となり
通常の生活動作である歩行や階段昇降など
軽い運動をしているだけでもこのような症状が出現します。

 

この時に通常は血中酸素濃度が通常値に戻るように
酸素吸引を行ったり、運動を中断するなどの対応と処置を行いますが
人によっては自覚症状の訴えが無い場合もあるので
経過観察をしながら随時必要な対応をすることが求められます。

 

どんな病気でも自覚症状がないのは怖いですね。


スポンサーリンク