血中酸素濃度 上げる 方法

血中酸素濃度を上げる方法について

スポンサーリンク

ここでは血中酸素濃度を上げる方法について詳しく解説していきます。

 

鼻・口から吸い込んだ酸素が血液中のヘモグロビンと結合し
全身に運ばれることによって人間の生命は保たれています。
でも、血液中の酸素量が一定レベルを下回ると
立ちくらみ・めまい・卒倒などの症状が起き、最悪の場合は生命の危険すらありえます。

 

血中酸素濃度を上げる方法として、有酸素運動を行うことが効果的です。

 

水泳・ウォーキング・自転車・ランニングなど心肺機能を向上させる運動を行うことで
体内に取り込まれる酸素量が増え、血中酸素濃度も上がっていきます。

 

有酸素運動ってホントに言葉のまんまですよね。血中酸素濃度が常に上がった状態こそが真の健康
このといえます。

 

病気でないイコール健康と思いがちですが、そうではないということですね。

 

空腹時に激しい運動を行うと貧血を起こす場合もあり
慣れない人は初めに軽い有酸素運動から始めます。


スポンサーリンク


他に血中酸素濃度を上げる方法としては
深い深呼吸を意識し定期的に深呼吸を心掛けるようにします。

 

呼吸が浅い人は、体内に取り込む酸素量が少ない傾向にあります。

 

深呼吸は、姿勢を正した状態で鼻から大きく息を吸い込み
胸を少し開く意識で肺に目一杯に空気を入れます。
そして、口からゆっくりと吐き出すようにします。

 

また、鉄分を摂取する事を心掛けるのも効果的です。
血液中のヘモグロビンが不足することで、酸素の運搬率が低下すると言われています。

 

ヘモグロビンを増やすためにも、鉄分を意識して摂取するようにします。
鉄分を多く含む食べ物には、レバー・あさり・パセリ・ひじき・干し海老などがあります。
毎日サプリメントを摂取する習慣もいいかと思います。


スポンサーリンク