血小板増加症 原因

血小板増加症の原因とは

スポンサーリンク

ここでは血小板増加症の原因について解説しています。

 

 

血小板増加症とは?

 

血液検査を受けると様々な検査項目で血液からどんな状態にあるのかが分かり、病気の診断に役立ちます。

 

また、患者は血液検査の結果から生活習慣を見直すことで改善を目指せるようになることも期待できます。

 

血液中にある血小板が血液検査で正常値を著しく超えている場合には、血小板増加症です。

 

そもそも血小板は、血管が破れるとその部分に集まって固まることで出血を止める働きを持っています。

 

なので、著しく少ないと出血が止まらなくなります。

 

 

一方、著しく多くなると、今度は血が固まりやすくなり血栓症を起こしてしまう危険性が高まります。

 

その他、血小板の機能に異常がある場合には、血液検査での数値が多くなっていても血を止める働きが少なくなることもあります。


スポンサーリンク


血小板増加症状の原因とは?

 

この疾患の原因は、本態性血小板増加症を含む骨髄増殖性疾患や骨髄形成症候群
家族性血小板増加症、その他、二次性血小板増加症に分別されます。

 

 

二次性血小板増加症となる原因は、分娩、薬剤、血小板減少症からの回復、鉄欠乏性貧血、急性炎症、感染症、さらには、関節リウマチや炎症性腸疾患、慢性肺疾患などの慢性炎症、悪性腫瘍など様々です。

 

特に造血肝細胞の腫瘍化を含む悪性腫瘍というのは
血小板を造り出す巨核球が腫瘍化することで、このことによって血小板が増加してしまいます。

 

この根本原因ははっきりわかっていませんが、遺伝子異常が関係しているのでは
と言われています。

 

そのため、二次性の場合にはこれからの疾患の改善を目指した治療を行っていくことで
改善や症状の軽減を目指せるようになります。

 

 

血液検査を定期的に受けることで、血小板の数値が正常かどうかを知れば
このような疾患の可能性があるかどうかも分かるきっかけになります。

 

そのためにも、特に持病のある人は定期的な血液検査をしてもらうことが、大変、重要だと言えます。


スポンサーリンク