血小板 減少 原因 癌

血小板減少は癌が原因の場合もある

スポンサーリンク

ここでは血小板減少の原因とガンの関係について解説しています。

 

癌の治療で使用される抗がん剤は、様々な副作用が生じることで知られています。
中でも血液に与える影響は特に問題視されている課題です。

 

抗がん剤を使用すると多くの場合骨髄にダメージが生じます。

 

骨髄は日々血液を作っている部分であるため
薬の作用によってダメージを受けると血小板減少などの症状が現れてくるのが常です。

 

 

血小板が減少した場合には、体のあらゆる所で出血が起こりやすくなります。

 

癌の治療中の方は概して体力が低下しがちであるため
こういった血小板減少は通常よりも大きな障害となってしまうことが問題です。

 

症状の原因が薬の副作用であるだけに、正常値に近づけるためには治療効果とのバランスをとることが必要となります。


スポンサーリンク


血小板が減少している時に気をつけるべきこととは?

 

血小板が減少している間は、日常生活にも一定の注意が必要になります。

 

心身共に疲れやすい癌の治療中は、無理な行動を避けて体を傷つけない生活を送ることが大切です。
特に切り傷や擦り傷などには気を配ります。

 

出血は歯茎や鼻、皮膚内部などに生じやすく、こういった部位の扱いは要注意です。
また痔の症状がある場合にも肛門からの出血の可能性があるため、便秘にならないように留意します。

 

 

癌治療が原因の場合には、数値の改善にも一定の時間がかかることが予想されます。

 

このような時には担当医に相談するなどの方法で、ストレスや不安を溜めないことが重要です。
症状を抑える薬が処方されることもあるため、まずは医師に相談してみるのがベストと言えます。


スポンサーリンク