血小板 減少 原因 食事

血小板減少の原因と食事について

スポンサーリンク

血小板が減少する原因として挙げられるのが1つが紫斑病です。

 

この病気に罹患すると血液検査で血小板の異常を指摘されます。

 

血小板は止血の役割を担っている成分であるため、紫斑病の場合には出血しやすい状態になるのが問題です。
治療は薬で行なわれることが多く、症状が悪化すると時に手術も適用になります。

 

 

様々な病気によって血小板の減少を指摘された場合には、食事を工夫することも一つの改善方法です。

 

出血傾向を治すためには、止血効果のあるビタミンKを多く含む食品を摂取することが有効となります。
このビタミンを多く含む食品は納豆です。

 

ですので異常が見られたら、適切な治療を受けると共に納豆などの食品を多く摂ることが一つの対策となります。


スポンサーリンク


抗がん剤使用中で血小板が減少ときの食事は?

 

血液中の血小板が減ってしまう他の原因としては、抗がん剤治療が挙げられます。

 

こういった治療は、使用する薬剤によって血液成分のバランスが大幅に崩れることが難点です。

 

がん細胞と共に正常な細胞にまでダメージを与えてしまうことから、治療する上では諸刃の剣になります。
このような治療中の場合にも、食事の改善は役立つアプローチ法です。

 

 

食欲が落ちている時にも食べやすいのが、野菜や果物です。

 

このような素材に含まれているビタミンには酸化を防ぐ効果と共に血液を作る作用があります。
従って、積極的に摂取することで新たな血液を産生しやすくなるのが魅力です。

 

ヨーグルトなども有効とされており、食べやすくアレンジして摂取することがポイントとなります。


スポンサーリンク