血圧 50以下

血圧が50以下の場合に考えられること

スポンサーリンク

血圧を測って50以下の場合は、低血圧と考えられます。

 

低血圧は収縮期の血圧が100mmHg以下の場合をいいます。
症状としては、特に午前中に調子が悪く、めまいや頭痛、立ちくらみなどが起こります。

 

若い女性の約20パーセントが低いとされています。
自分の数値を把握する事が大切になります。

 

病院で測るのが一番ですが、家庭で測る事でだいたいの把握が可能になります。
まず家庭で測るポイントとしては、5分から10分の間は安静にして測ります。

 

緊張して一定な値にならない事がありますが、何回か測定をしていると落ち着いてくることが多いです。

 

 

寝ている状態や座っている状態から急に立ち上がったときに
めまいや立ちくらみが起こった場合は50以下になっている場合が考えられ、起立性の低血圧が疑われます。


スポンサーリンク


低血圧の対処方法は?

 

急に立ち上がったりした場合に起こる、めまいや立ちくらみは
貧血や循環器の症状と類似していますので場合によっては検査が必要になります。

 

最近では若い女性も職業につく事が多くなり、疲労やストレスが原因で日常生活が不規則になりがちです。

 

朝などに調子が悪い時が多いので、過度の飲酒や夜更かしは出来るだけ避けるようにします。

 

 

また朝起きる時はゆっくりと起き上がるようにします。
特に食事は朝しっかりととる事が大切になります。

 

軽い場合はこれだけで症状が改善され50以下だったものが正常値に戻る場合があります。

 

 

薬を使わない療法には、運動をする事もあります。
15分程度の散歩や水泳が効果があると言われています。

 

また過度のダイエットは避ける事も大切になります。


スポンサーリンク