血液検査 wbc 低い

血液検査のwbc値が低い場合の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは血液検査におけるwbc値が低い原因と対処方についてお伝えします。

 

血液検査におけるwbcとは、白血球のことを指します。

 

wbc検査が行われる目的として、造血機能の働きの確認、細菌や異物が体内に侵入しているのかどうかなどがあげられます。
wbcの血液検査は、血液を採取し自動計数機にて判定されます。

 

白血球数の基準値は、一般的に3500マイクロリットルから9800マイクロリットルの間とされています。

 

基準値より高い場合には、感染症や敗血症に加え虫垂炎が疑われるものの
健康な人でも喫煙したり、ストレスを受けると白血球数は上昇しやすいです。

 

一方、基準値より低いと貧血、膠原病、薬剤障害が疑われます。

 

高い場合同様、健康に問題がなくても風邪を引いたりすると低下することも十分あります。


スポンサーリンク


wbc値が低い場合の食事は何がいい?

 

なお、wbcが低いとリンパ球や好中球の減少が問題となります。

 

白血球数に異常が見られた場合には、医療機関で骨髄検査を受けることになります。

 

異常が薬剤障害が原因であると判明した際は、投与を即中止しなければならないです。

 

白血球数は、時間によっても変動し、朝は低く夜になると高くなる傾向にあります。

 

 

wbcが低い場合の改善法として食事があげられます。
 
十分加熱したものを食べるようにし、野菜を使用したものではスープにして食べるのが望ましいです。

 

運動に関しては、ランニングをはじめとする有酸素運動を行うことで、体温が上昇し白血球数の上昇につながります。

 

毎日空腹の時間を設けることも、免疫力を向上させる効果があります。


スポンサーリンク