血中酸素濃度 低下 症状

血中酸素濃度の低下により引き起こされる症状

スポンサーリンク

ここでは血中酸素濃度の低下とその症状について解説しています。

 

血中酸素濃度は、血液中の酸素量のことで
ヘモグロビンと結合し全身に運ばれることで生命は維持されています。

 

 

血中酸素濃度の正常値と低下時に表れる症状とは?

 

血中酸素濃度の正常値は94〜97パーセントの間とされていて、100パーセントが理想とされています。
1〜2パーセント下がるだけでも体にかかる負担が大きくなります。

 

また、100パーセントを超えてしまうと、過酸素状態となります。

 

 

血中酸素濃度の測定が行われる場合として
在宅酸素療法の経過確認や肺疾患の可能性の有無を調べることなどがあげられます。

 

 

濃度が低下すると、呼吸数を増加させ酸素の取り込みを増やす反応を起こします。

 

濃度低下により、欠伸がよく出る・疲れやすい・集中力の低下などの症状を招きます。

 

濃度を調べるには、パルスオキシメーターが使用されます。


スポンサーリンク


パルスオキシメーターは、動脈血の酸素濃度を血液の色から測定され
プローブを指先や鼻・耳に装着して調べられます。

 

小児に対しては指に巻き付けるディスポーザブル型を使用されることが主です。

 

 

血中酸素濃度を改善するには?

 

血中酸素濃度の低下に伴う症状を避ける方法として
濃度低下を招いている病気を完治させることが何より大事です。

 

酸素濃度が低いとヘモグロビンの量も少ないことから
レバーやしじみなど鉄分が多く含まれているものを摂る必要があります。

 

サプリメントを使用し鉄分を補うのも良いです。

 

深呼吸を1日に数回継続して行うことも効果があり、場所や時間を選ぶことなく誰でも簡単にできます。

 

有酸素運動をすることもよく、心臓に負担のかからない程度で行うのが望ましいです。


スポンサーリンク