緊急 血圧を下げる

緊急に血圧を下げる3つの方法は?

スポンサーリンク

どうしても日常生活・仕事ではイライラすることってありますよね。

 

ちょっとした上司やお客さんの発言だったり
夫との一言だったり

 

そうした感情の爆発は一気に血圧をあげてしまうことがあります。

 

一気に血圧をあげてしまうと、くも膜下出血や脳出血などの疾患を引き起こす可能性もあり
大変危険な状況です。

 

とくに普段血圧が高い人は要注意ですね。

 

 

ここでは緊急に血圧を下げる3つの方法についてお伝えしていきます。

 

 

ベッド横になり安静になる

 

血圧が急に上がってしまったときは
基本ですがこの方法が一番です。

 

 

心臓は普段高い場所にある「脳」に血液を送るために血圧を調整しています。
横になることでこの負担が減って、自然に血圧を下げるがあります。

 

それに横になることによって精神的にもリラックスできますよね。

 

緊急に血圧が上がった原因が感情の爆発なら
リラックスすることで緩和して、結果血圧もさがります。

 

 

実際一気に血圧が150ぐらいまであがっても
横になることで20ぐらいはスッと下げることができます。

 

急に血圧があがったら、まず安静にすることです。


スポンサーリンク


足周りを温める

 

特に冬などで寒くなってきた時に足を温めるのは
血圧を下げるのに効果的です。

 

寒くなると血管が収縮してしまいます。
結果、同じ血液を脳に送るために血圧が上昇してしまいます。

 

 

なので収縮の根本原因の寒さを取り除いて上げれば
血圧を下げてくれるのです。

 

 

それに足を温めることによって、人はリラックスすることも
わかっています。
リラックスすることによって血圧を下げる相乗効果もあるのです。

 

 

夜寝るときには湯たんぽなどがいいですね。
半身浴なども効果的です。

 

 

ただ、注意したいのは足を温めすぎて、汗をかいた時です。
汗が蒸発する際に熱を奪うので逆に冷えてしまわないように
注意しましょう。

 

 

深呼吸を腹でする

 

これはいわゆる腹式呼吸ですね^^

 

どうしても仕事中などで緊張が続くとストレスから
血圧が上がっていきます。

 

そういう時には一旦腹式呼吸で深く息を吸いましょう。
そしてゆっくり吐くをくりかえします。

 

そうすることで気分だけでなく、実際に体中の筋肉も弛緩して
血圧を下げることができます。

 

 

今回お伝えした

 

・横になる

 

・足を温める

 

・腹式で深呼吸

 

これらを組み合わせればより効果的に
緊急に血圧をさげることができます。


スポンサーリンク