血圧 正常値 10代

10代の血圧の正常値はいくら

スポンサーリンク

ここでは10代の血圧の正常値やその意味するところについて
解説していきたいと思います。

 

私達人間の血圧は、常に変化する特性があります。

 

しかし、高すぎても低すぎても身体には良くなく
常に一定を保つことが長く生きることで大切です。

 

そのため、医療業界では年齢別におおよその正常値を設定しているところもあります。

 

血圧は心臓が一度に送り出す血液の量と血管の硬さによって決まるため
一般的に年を重ねるごとに上昇する傾向にあります。

 

また、不規則な食生活により血中コレステロール値が上昇し
血管が硬くなることがあります。

 

その結果、上昇してしまうケースもあるのです。
今回は、10代の血圧の正常値について説明しましょう。


スポンサーリンク


10代の血圧の正常値は?

 

10代の時の血管は、20代、30代以上の血管より柔らかく
弾力性が高いのが特徴です。

 

また、身体に侵入した悪玉コレステロールを処理する能力も高いため
血圧の影響を受けにくいです。

 

ですので、変動が激しい時期であるため
常に一定とは限らない場合が多いです。

 

そのため、あまり気にする必要はないことでしょう。

 

強いて言うなら、120/88mmhgが平均値となります。

 

でも、この時期からファストフード中心の食生活や夜遅くまでのゲームなど
不規則な生活を継続するとコレステロール値が上がりやすくなり
20代、30代の時の健康に悪影響となります。

 

身体も若いうちからケアする意識はちょっとは大事ですね。

 

⇒ 血圧を下げる方法としてお茶はどんなお茶がいいのか?

 

⇒ 緊急に血圧を下げる3つの方法は?

 


スポンサーリンク