血圧を下げる食べ物 玉ねぎ

血圧を下げる食べ物として玉ねぎは効果的か?

スポンサーリンク

玉ねぎって血液がさらさらになるし
身体にいい食べ物という印象がありますよね^^

 

この玉ねぎ、血圧を下げる食べ物としての効果もあります。

 

 

なぜ玉ねぎを食べると血液がさらさらになるのか?

 

玉ねぎは血液をさらさらにする働きがあります。

 

血液がさらさらというのは
血液中の脂質の量などが減って、血液が流れやすい状態にしてくれるということ。

 

 

そうすれば結果的に血圧も下がるし
血栓から引き起こされる脳梗塞などの成人病予防にもあるということです^^

 

 

このサラサラにする成分。
それは「硫化アニル」といわれています。

 

 

あの玉ねぎを切った時に涙が出てくる原因になっている成分ですね^^;

 

ちなみにニンニクにも多く含まれているとか。

 

 

血液がさらさらになって脂質が減るということは
血管が若返るということですね。

 

 

それに硫化アニルは抗酸化作用も強いということ。
つまりガン予防にも良いと言われているようです。

 

ただ、せっかくの硫化アニルという成分。

 

調理の方法によっては失われてしまうことが
あるので注意が必要ですね。


スポンサーリンク


玉ねぎを料理する際に注意すべきこととは?

 

一般に貴重な成分を含む、野菜や果物にはありがちなのですが
硫化アニルは水に流されやすい成分です。

 

 

なので、あまり長時間水で洗いすぎたり
水につけたりしないように注意です。

 

当然、加熱によっても逃げてしまうので
なるべく生に近い状態で食べるのがベストですね。

 

 

ただ、そうは言っても生の玉ねぎは苦手という人も多いでしょう。

 

そういう場合は、玉ねぎを切ったあとにすぐに加熱しないで
しばらく放置してから調理したほうがまだ効果が失われずにすみます。


スポンサーリンク