血圧 正常値 30代

30代の血圧正常値を男女別で解説

スポンサーリンク

ここでは30代の血圧の正常値について解説していきます。

 

30代を過ぎると一般的に身体の不調が出やすくなり
日頃の健康管理がより一層重要となることでしょう。

 

特に血圧はこの年代で上がりやすくなるので注意が必要です。

 

30代を超えると、今まで柔らかく、弾力性のあった血管が硬くなり始めます。
そのため、今までは多少血圧が高くても影響が少なかったのが
血管の硬さで影響を受けやすくなります。

 

また、この年代ではハードな仕事をする場合が多いため
ストレス性が原因で起こることもあります。

 

そのため、適度な休息が血圧を改善するのに大切です。
今回は、正常値を男女別に説明しましょう。


スポンサーリンク


30代での血圧の正常値は
男性で125/79mmHg、女性は115/71mmHgが丁度良いとされています。

 

男性の場合、この年代はビジネス上で大きな仕事を任される場合が多く
責任も重大になりやすくなるため、高血圧になりやすい年代です。

 

そのため、朝昼晩ともにバランス良い食生活を心がけることが重要となります。

 

一方、女性はホルモンの関係で血管が拡張しやすいため
基準値が低めとなっております。

 

しかし、30代後半で更年期に差し掛かる場合もあり
その際は不安定になりやすくなります。

 

いずれもバランス良い食生活で正常値を保つことが可能です。
そして適度な運動、ストレスを溜めすぎないようなガス抜き方法もあるといいですね。


スポンサーリンク